顔認証・顔認識とは~活用方法や注目のシステム~

顔認識と聞くとピンとくるのはセキュリティですが、最近では、顔認識システムを使ったマーケティングなどが注目されています。

たとえばスーパーに買い物に行ったとします。
ちょっと気になる看板(サイネージなど)があったら覗き込みますよね。
その、覗き込んだ数秒の間に、サイネージに組み込まれた小型のカメラから私達の「性別や年代」などの情報がシステムに取得されます。
その取得されたデータをマーケティングに使用する!といったものになります。

いきなり本題にはいってしまいましたが、そもそも顔認識や顔認証ってどうゆうものなのか、ちょっとおさらいします。

顔認証は利便性の面やセキュリティで有益な認証システムであり、従来のようにパスワード等によって認証されるタイプよりもハッキングされにくいものです。

装置に触れる事も無く認証可能であり、不正アクセスを防止する事に繋がったり、他の認証システムと組み合わせる事によってより高精度なセキュリティーを実現する事が可能になります。

パスワード等による認証の場合は、どうしても忘れにくいものを選択し、本人の生年月日や電話番号等のように、簡単に割られてしまうものを活用する方が多く、ハッキングされるリスクが高まるものです。

顔認識の場合は人それぞれ固有の顔があり、その特徴から認証する事が出来ますから、パスワード盗難等によって不正アクセスされる心配が無いと言えます。

認証システムは装置に触れたり入力する手間暇がかかりましたが、強固なセキュリティーと同時に認証への効率性も実現出来ますから、多くの用途で活用出来るシステムになっているものです。

顔認証とは、個人を識別するのに有効なシステムです。
変装をしていても、骨格や特徴点などから個人を特定できます。
改良も進んで、ますます高度な顔認証も可能になってきています。
このシステムをあらゆるところで使えれば、どんな時でも必ず役に立つはずです。
しかし、それは個人1人1人を監視することにもつながります。
プライバシーの侵害にもなりかねないので、撮影される側としては納得できないところもあると思います。
例えば犯罪から見て、最近は物騒なのでどこで何が起きるかわかりませんし、そんな時の為にも必要なのではないかとも思います。
スーパーなどでの万引き、ひったくり、交通事故など、人の目だけでは補いきれない箇所を補うだけでなく、犯罪の抑止効果もあります。
撮影する側はきちんとカメラの存在を明記し、撮影される側はそれを見て嫌ならそこに近づかないなど、お互いが納得できるような対策が必要です。
顔認識の改良が進むのに比例して、プライバシーに対する配慮も守る法律ができることを願います。

そんな顔認証・顔認識をつかって、セキュリティやなんやかんや以外にも、
もっと色々なことに、幅広く活用しよう!っていう流れが、最近あり、冒頭のようなものが徐々に浸透しはじめたというわけです。

今後も顔認識や顔認証を使った様々なシステムが開発されることでしょう。
最先端の技術をここでももっとお知らせできればと思います!

ショッピングカート/童話/驚愕頭部/オーディオ/女性の人生/ショッピングカート